付帯する特約

いつ頃から学資保険に加入すべき?

学資保険に加入する時期はそれぞれですが、学資保険の保険料はお子様と契約者の年齢によって決められます。
一番多い加入時期はお子様が0歳の時期となっています。
生まれたばかりは「教育資金」といったことへの認識は薄くなりがちですが、早く加入すれば、それだけ月々の支払い額も安くなり将来への安心も得られるので早い加入をおすすめします。

最近では、妊娠中から加入できる学資保険もあるのです。
妊娠経過が良好であれば、出産予定日の140日前から加入できます。
妊娠中に学資保険に入るメリットはこちらにまとめてありますのでご覧ください。

契約日は誕生日となりますが、出産後は忙しくなりますので、妊娠中にご夫婦で将来のお子様へのプランなどをゆっくり話し合い、学資保険の検討をされるとよいでしょう。

また、学資保険は、「教育資金」だけにとどまらず、「生命保険」と同様にお子様や契約者に万が一のことがあった時に備えて死亡保険金や病気やけがの治療費がおりるものが多くあります。
契約者が万が一、亡くなってしまった時にはそれ以降の保険料が免除されるシステムになっていますので、何かあった時に必要とする大きな資金を確保するための備えをするものでもあるのです。
簡単に言えば、貯蓄と保険が一緒になったものということになります。

このページの先頭へ