付帯する特約

学資保険は必要か、不必要か

学資保険は貯蓄と保険の両方を組みわせたものになります。
必ず加入しなければならない保険というわけではありません。
大きなメリットは、ほとんどの学資保険には契約者が万が一、働けないような高度障害になってしまった時や亡くなってしまった時でも保険料が支払われる、またその後の保険料が免除となります。

つまり契約者に何かあった時にでも子供の教育費用は確保できるというものです。
保険以外での貯蓄方法を利用した場合は契約者が亡くなってしまったとしても積立を続けていかなければ貯蓄はできません。
また学資保険の保険期間は20年前後と短い為、他の保険と比べて金額も何千万という保障にはならないので払い込みの負担が少なく済むということも言えます。

貯蓄が苦手な方でも学資保険で保障をつけながら確実に貯められるということがメリットとされています。
逆にデメリットもあり、保障がついているため、貯蓄性では全額戻るということが少ないということです。
保障分の保険料が含まれていますので積み立てた元本よりは減ってしまうのです。

保障が付いている分、プラスになるどころかマイナスになってしまうということが一番のデメリットといえます。
契約者である親に万が一のことがあった時の保障は手厚いですが、医療などの保障だけでみると、今は地方自治体などで0歳から中学生くらいまでは医療制度が充実しご自身の負担が非常に少なくなっていますので、そのようなところで十分であるともいえます。
このようなことから貯蓄を目的としているのに保障がつくことで元本割してしまう学資保険は目的には合わないと言えます。
親が万が一何かあった時の保障は他の保険でカバーできることが意外と多いのです。
目の前にある保険だけを見て決めるのではなく、他に加入している保険と比べて学資保険への加入を検討することが大切です。
学資保険は0歳から加入するのが多く、月々の平均は1~2万円の支払いとなっているようです。

このページの先頭へ