付帯する特約

学資保険の保険料払い込み免除って

保険料払込免除特約がついている学資保険の場合、契約者になっている方が高度障害になり働けなくなったり、死亡した場合にそれ以降の保険料の支払いが免除されるシステムになっています。
高度障害や身体障害の基準は各保険会社で所定の条件が用意されていますので、その条件を満たす場合に適用されますので確認が必要です。
保険会社によってその条件は異なります。

このような保障がついていますので一般的な貯蓄とは違い、元本割れしている学資保険は多くありますが、契約者に万が一のことがあっても祝い金や満期金が受け取れるというのは非常に安心できる最大の魅力でもあり特約といえます。
学資保険は、「何があっても必ず教育費用を確保できる」ことが最大のメリットなのです。
教育費用の貯蓄にこだわりすぎて返戻金だけを見て判断してしまうと、損をしたような感じにもなりますが、教育資金の確保という面でみれば決して損ではないのです。

学資保険は資産運用ではありませんので返戻金をプラスにさせることばかりに重点をおいてしまうと、本来の目的からずれてしまいます。
貯蓄だけを目的とした学資保険ならば返戻金も高くはなりますが、仮に契約者が15万しか払込してないのに死亡してしまうようなことがあったとします。
この払込免除特約があれば以降の払込免除で祝い金50万、満期金100万などが受け取れます。
しかし払込免除特約がなければその貯蓄は払込を続けていかない限り「15万だけ」なのです。
このように想定した時必要かどうか考えることが大切です。

このページの先頭へ