付帯する特約

学資保険と育英年金

育英金付きの保険とは親が万が一の理由で保険料を払えなくなった時に保険料が満期まで免除になるものです。
契約者である親が事故や病気で重度な障害になり働けなくなったり、死亡してしまった時に残された子供のために育英金というものがあるのです。
保険料の支払いが免除されたうえに満期になると予定通り満期金も給付され受け取ることができます。

非常に保障が手厚いため保険料も割高であることが多く貯蓄型の学資保険に比べると返戻率が低く、支払ってきた総額よりも満期金が下回ることがほとんどです。
貯蓄と考えずに保障を重視した学資保険といえます。
また、注意しなければならないのが、契約者が死亡したとしても母親が生存している場合、育英年金を受け取るには、母親の扶養家族にはなりませんので様々な扶養控除を受けられてなくなります。

学資保険以外にも生命保険などに入っている場合は死亡した際や働けない重度な障害をもってしまった時に保障がついているものが多くありますので、重複している可能性があります。
それらを確認してから検討するとよいでしょう。
育英金をつけることで保険契約者(支払い者)が万が一何かあった時でも最後まで保障がされますので子供の教育費用の保障が確実となる面はメリットと言えます。

こちらには顧客満足度が高い学資保険が紹介されています。
今現在学資保険に加入している家庭にはどのような内容のものが人気なのか、これから加入する方は参考になりますのでご覧ください。

このページの先頭へ