付帯する特約

学資保険、一時金をもらうタイミング

学資保険には様々なタイプがあり、一時金と満期保険金がつく貯蓄型のものをはじめ、満期保険金のみだけを受け取る貯蓄優先のもの、育英金をつけて万が一の時に備えるもの、子供の医療保障を充実させたものなどがあります。
その中でも一般的に一番多いタイプがはじめにあげた「一時金と満期保険金がつく貯蓄型」のものです。
これらは入学の際などのまとまった出費がある時期に支給され、更に満期になったら満期金がおりるものです。

中には幼稚園の入園から小学校、中学校、高校の入学すべてに祝い金として一時金がおりるものもあります。
学資保険は保険金を受け取る時期が加入する際に大切になりますが、満期金の受け取りのように契約日や誕生日に関係なく入学の時期に受け取れますので、大きな出費が多い入学の時期には非常に助かるものであると言えます。
しかしながら、デメリットもあり満期金の金額がかわってくるのです。

一時金を受けとることなく満期まで迎えれば満期金に利子もプラスされますので上乗せされた満期金を受け取ることができるのです。
そのことを踏まえた上で一時金を受け取るかどうかの選択をするとよいでしょう。
また、満期の設定も重要になってきますので学資保険の満期の設定はいつが最善かというサイトに詳しくかかれていますのでご覧ください。

満期金のみで祝い金のないタイプの学資保険もありますが、迷われるようであれば一時金が受け取れるかどうか決められる学資保険にはいっておくとその時の状況に合わせて判断ができますのでよいと思います。

このページの先頭へ