付帯する特約

学資保険の満期はいつがいいか

多くの学資保険で設定されている満期はお子様が18歳の時です。
今まではこれが一般的でしたが、近頃の学資保険は満期も様々な時期に設定することができるようになっています。
注意しなければならないのが、早生まれのお子様、特に3月生まれの場合です。

一般的な18歳満期にしてしまうと、入学準備に間に合わない可能性があります。
満期は誕生日以降に受け取れるようになっていますので3月の誕生日以降となると遅いのです。
このような方や少し早目に準備したいといった方の為に17歳満期という学資保険も用意されています。

また逆に成人式に合わせた20歳満期というのもありますし、大学卒業後の進路、大学院や海外留学の準備、社会人になるための準備用に22歳というのもあります。
学資から離れた目的での満期も考えられているのが最近の学資保険の特徴ともいえます。
このように目的が年齢によって変わってきますので、お子様の将来とご家庭の収入状況に合わせて考えるとよいでしょう。
お子様がそれぞれの満期年齢に達した時、大黒柱であるご主人の収入状況はどのようになっているかなども考えると決めやすくなります。
お子さんが20歳になる前に定年してしまうといったご家庭もありますので、定年後は不安、逆に定年後は退職金が確実に受け取れるといったことでも満期を決める参考にすることができます。

学資保険で心配なことといえば、元本割れしないかどうかというところですよね。
毎月支払っていたのに満期でもらえる金額が支払った金額より少なくなってしまっていたら、自分で貯金した方が良かったと考えてしまうと思います。
そうならないために、こちらでは元本割れしない学資保険というものを紹介させていただきます。

このページの先頭へ