付帯する特約

学資保険の満期年齢はいつが良い?

学資保険の満期年齢は18歳に設定されていることが多くなっています。
一番お金が必要とされる大学の入学時期に設定されているのです。
18歳満期の学資保険の場合はお子様が18歳の誕生日を迎えないと保険金が受け取れません。

契約日が設定されている保険もありますが多くがこのお子様の誕生日となっています。
しかし18歳満期だと大学入学に間に合わないことがあるのです。
3月生まれなどの早生まれの場合、入学手続きに間に合わなくなります。

このようなことになってはせっかくの学資保険も台無しになりますので、そのような方は17歳満期を選んでおくとよいでしょう。
今はこのようなことを考え17歳満期のプランになっている学資保険もあります。
最近では学資保険の域を超えてしまっている感じもしますが、20歳の成人を満期にしたものや22歳の大学卒業を満期とした学資保険もあります。

成人式にかかる費用のためであったり、最近では大学を卒業し更に大学院や海外留学をするといった時のためや、卒表後の社会人準備の費用としても活用できるためこのような満期年齢がある学資保険に加入する方も多くなっています。
他の学資保険と併用するという選択もあります。
満期保険金も50万~1000万円と幅広く10万単位で設定できますのでよく検討して活用できる学資保険にしていただければと思います。

このページの先頭へ