付帯する特約

学資保険選び、民間とかんぽどちらがお得?

郵便局の学資保険は今でいうと「かんぽ」になります。
一昔前までは大変優れたていると注目も浴び学資保険は郵便局と決めていた方が多かったのです。
現代の祖母祖父時代はその名残が残っており勧められることも多いと思います。

もちろん、今の「かんぽ」が良くないということではありません。
学資保険を取り扱う保険会社が増え優れた商品が多くなったのです。
つまり種類が増えたということです。

どんなものに対しても低金利が注目されている現代ですので元本割れしてしまう学資保険が多いのが現状です。
元本割れしていても万が一に備えた保障は安心には変えられませんし、それだけすぐれた保障がついている証拠でもあります。
ただ、貯蓄性を一番に重視した時には元本割れというのは、どうしてもひっかかってしまうものでもあります。

今、民間の保険会社の学資保険には元本割れしない商品も登場していますので、様々な保険会社の学資保険を比べてから加入することをおすすめします。
かんぽ生命も近年新しく新学資保険といった商品を用意しており、
加入年齢や満期年齢が幅広くなったり一時金なしで満期に契約者配当金などがるものもあり民間と郵便局の学資保険内容はどんどん進化し続けているのです。

このページの先頭へ