付帯する特約

入学祝付きの学資保険

学資保険には「祝い金」といった形で、学校への入学時期にまとまったお金を受け取れるものがあります。
この「祝い金」とは、保険会社からお祝いとしてでているわけではありません。
ご自身が払込している学資保険の満期金から少し先に受け取っているということになります。

このような祝い金がついている商品には返戻率が低くなっているものが多いのです。
返戻率だけを重視するならば、早い時期に多くの保険金を払込、満期までは何も受け取らないという形が一番返戻率は高くなりますが、
重要なのは学資保険をどのタイミングで利用したいのか、ということになります。

まとまったお金が必要になる入学の度に使えるようにしたい方は、多少返戻率が低くなっても祝い金のある学資保険を選ぶ方がよいでしょう。
一番お金がかかるといわれる大学進学の資金だけに使いたいと考える方ならば祝い金がない学資保険でよいでしょう。
また祝い金がついている商品にしたけれど、余裕があり受け取る必要がない時には祝い金を受けとらず「据え置き」にすることも可能です。
据え置きにした場合には高い利息がつきますので返戻率もその分良くなります。
迷われているのであれば、このように祝い金のついているタイプを選び必要なければ据え置きにするという選択を選ぶと安心できます。
こちらhttp://www.celtravels.com/07.htmlにはCМなどでもおなじみのアフラックやソニー生命の学資保険が紹介されています。
是非、比較してみてください。

このページの先頭へ