付帯する特約

学資保険に加入しない理由は?

学資保険に加入していない理由の一番は「学資保険よりも良いものがあったから」という理由になっています。
学資保険ではなくても貯蓄型の保険は他にもありますし、ご自身で計画的に貯金できるからという方もいらっしゃいます。
他には銀行預金なら途中で解約しても元本割れしないから積み立てにした、返戻率が悪い、利息が低いなども多くあげられています。
この他の理由は、http://www.kaidan-movie.jp/riyuuu.htmlにかいてあります。

このような方ばかりではなく、必要性を感じない、月々の保険料を払える余裕がない、夫(または妻)が必要性を感じていない、といったことや学資保険自体がよくわからない、どれがいいのか決められない、加入するきっかけがない、検討する時間が忙しくてないというような理由もあります。
学資保険にはメリットがないように思えてしまいますが、決してそんなことはありません。
もちろん、貯蓄、教育資金といった目的だけであれば他の保険でも代用が聞きますし、銀行での貯金や投資信託を選んだ方が良いといった結果になります。

しかし単に満期返戻率だけをみていると他のもので準備した方が良さそうに見えますが、学資保険には万が一に備えたものですので、他の方法の方がよいとも一概には言えません。
教育資金を準備することとは別に払込免除特約や育英資金などを考えた時に学資保険の方がよいと考えることができるのです。
万が一、一家の大黒柱が亡くなってしまった時には保険料が免除されますし、子供の病気やけがの治療費がおりるものもあります。

この「万が一何かあった時に備える」ということが一番大きなポイントになるのです。
ただの貯蓄にはこのような保障がありません。
契約者が突然亡くなられてしまっても貯蓄は続けていかなければストップしてしまいます。
大きなケガや病気などにかかってしまった時の治療費も保障されていません。
これらからお分かりいただけるように、学資保険には他には変えられない特約や保障があるのです。

こちらには学資保険に加入できる条件というものが載っています。
学資保険は対象年齢が決まっているため、お子さんの年齢が対象年齢を超えると加入することができなくなってしまいます。
また、その他にも加入できない人もいるようなので詳しくはこちらをご覧ください。

このページの先頭へ