付帯する特約

学資保険に付帯する特約は

学資保険に、はじめからセットになってついている特約もありますし、ご自身で選択してつけることが可能なものもあります。
はじめから付いているものは元本割れしているものが多くなっています。
もちろん万が一に備えて全ての特約をつけるのが一番よいに決まっていますが、支払い額も高くなりますし何でもつければいいというものでもありません。

別に加入している保険に似たような内容の特約がついており多くカバーできるものがありますのでよく考えてから決めてください。
学資保険の代表的な特約には、育英年金特約、医療保険特約、障害特約、払込免除特約、災害特約などがあげられます。
これらの中で一番考えられること、特約の料金が負担にならないものが理想的といえます。

それは医療です。
子供のうちは日常の中で大きな怪我をしてしまったり病気になることが多いと考えられますので、このような時にお子様のためにも負担する親にとっても保障があるのは助かると言えます。
医療保険特約には子供が入院や手術をした時に入院給付金と手術給付金を受け取ることができる特約です。
ただ、現代では地域によって医療費助成を行っているところが多いため、その制度を利用すれば、医療費カバーもできるようになっています。
このように別でカバーできるものが多くあるのです。
学資保険に特約をつけるのは良いことだと思いますが、この保険の本来の目的は子供の将来に必要なお金を貯蓄しておくことです。
特約を付帯すると毎月の保険料が高くなるため、家計の負担にもなってしまいますので、あまり付帯しすぎないように気をつけましょう。
18年間近く支払っていくものなので、あとあと大変!なんてならないように毎月の保険料は決めていきましょう。

このページの先頭へ