付帯する特約

学資保険は貯金よりもお得?

子供の教育資金は大学まですべて公立に通っても1000万、全て私立に通った場合には2000万を超えるといわれています。
これだけの額を用意すると考えると改めて、教育資金を用意することの重要性を感じる方も多いのではないでしょうか。
学資保険には定期預金にはないメリットが幾つかあります。

定期預金よりも利率が高く学資保険の商品によっては返戻率が110%以上になるものもあります。
また、学資保険のメリットの中でも最大の魅力といえるのが、万が一の時に備えた「保険料免除」という特約があることです。
契約者が死亡、高度障害になってしまった時、それ以降の払込免除で祝い金や満期金が受け取れるのです。

定期預金にはこのような特約はありません。
税金に関しては、学資保険で受け取る満期金は所得税の対象になりますが満期金が払込総額より50万円以上増えていなければ税金が免除されるのです。
定期預金では利子所得の金額に一律の税率をのせて算出した所得税が課税される決まりになっています。

学資保険は「保険」ですので税額控除の対象になります。
これも定期預金には受けられません。
学資保険は意思が弱い方でも確実に資金を作っていけるのです。
定期預金よりも途中解約した際のデメリット(学資保険の途中解約は必ず元本割れします)が大きいため、強い意志をもって継続していくことができるといえます。

このページの先頭へ