付帯する特約

学資保険に加入している割合は?

学資保険は子供の教育資金を目的とした保険になります。
祝い金や満期金として年齢に合わせ給付金を受け取れる保険なのです。
この学資保険に加入している割合は70%近くになります。

この70%の数字は60%以上が既に加入しており、加入予定を決めている家庭が10%含まれています。
加入率は過去と比べると減少している傾向もありますが多くの家庭において、教育資金の積み立ての為に利用されているのです。
学資保険は子供の教育にかかる費用の補助してくれる目的と万が一に備えた両親やお子様の死亡、事故、病気治療の保障が一緒についてくるので子育ての上で重要視されている保険になっています。
学資保険にもいくつかの種類があり、貯蓄を重視するプランや保証を重視するプランが一般的です。
代表的な2つのプランについてhttp://www.babyfinder.org/choti.htmlで詳しく解説されていますので参考にしてください。
子供が生まれてからだと何かと忙しくなりますので、妊娠中に加入する家庭も多くなってきているようです。

一方で別で教育用に貯金しているので必要としない、家庭や入るつもりがないという家庭も10%あります。
また特に決めてないけど何かしらに入るつもりでいるという方が20%となっています。
あくまでも保険になりますので月々契約した保険料をきちんと払うことによって、教育資金が必要な契約した年齢になると、まとまったお金を受け取ることが可能になっています。
一般的に多いのが中学入学時、高校入学時、大学入学時となっています。
給付金の年齢は契約時に選択することが可能ですので大学入学だけという方もおり様々です。

こちらには人気の学資保険ランキングというものがあります。
ランキング上位の学資保険は多くのご家庭が加入している保険ということになります。
ランキングサイトや口コミを参考にしてお子様にぴったりな学資保険を見つけてください。

このページの先頭へ